2020/10/4『フカセとネオショウの不思議な扉』★Live配信★
5f617f058f2ebd64c80c2b8d

2020/10/03 17:00 まで販売

2020/10/4『フカセとネオショウの不思議な扉』★Live配信★

¥15,000 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

時間 13時から17時 場所 “明水庵”より 動画 配信サイト『twitch.tv』 今回、ネオショウさんの拠点である 京都御陵(みささぎ)の美しく・瞑想的な最高のロケーション“明水庵”にて ガイドとつながって絵を描き続けるフカセと 目覚めに到達したネオショウが 多次元的知覚と三元意識の扉を開ける4時間のトーク対談をお届けいたします!!! どこまでも突き進む二人の最新情報、、、 『膜について』 『神の居場所』 『宇宙人』 『未来のアート』 『現実創造』などなど 盛りだくさんのテーマをたっぷりと伝えてくれます! 最後に設けられた質問コーナーでは個人的な質問などにも答えてくださるそうなので、素朴な疑問や具体的な活かし方も聞けるかもしれませんね☆ お楽しみに〜♪♪ 【Live配信について】 ■動画配信サイトtwitch.tvでの配信となります。 お申し込み決済後、アクセスリンクをお送りいたします。 ■ご注意事項として、 携帯端末などでは配信が乱れたり使用データ量が大幅に増えることがありますのでできるだけパソコンとWIFIをご利用ください。 ■アクセスリンクからパソコンのブラウザなどでTwitchのサイトに接続して配信開始をお待ち下さい。 配信が開始されたら音声と映像のチェックをお願いします。 ■お話会が始まると個別の対応は難しくなります。 もし接続に問題がある場合には開始前にお早めにご連絡ください。 Twitchにはチャット機能がありますのでもしなにかご質問等ある場合にはチャットをご利用ください。 ■双方向の通信ではありませんので、視聴者側の映像や音声が参加者に放映されることはありません。 リラックスしてお楽しみください。 ■途中に休憩等があります。 その間に、再接続を行う可能性もありますが、視聴側での手順は特に必要ありません。アクセスリンクでtwitchのサイトをブラウザで開いていればそのまま配信が開始されます。 〜プロフィール〜 ●ネオショウ 1974年、モロッコに生まれる。 世界各地を転々としながら、8歳のころにこの世界に共通するエネルギーとはなにかを考え始め、11歳で『老子』に傾倒する。ICUを経てニューヨークで音楽を学んだ後、遼寧中医大学気功科を卒業、氣功や瞑想を教える傍らセラピストとして骨盤や頭蓋骨の調整を続け、コアフローセラピーを考案し腰痛や頭痛の根本的な改善に努める。 2009年12月20日、地下鉄のホームでワンネスを体験、この世界が存在することの奇跡を目の当たりにし、価値観が激変する。その後、感情エネルギーを体内経路を通じて変換するメソッド、感情のアルケミーを開発し、全国各地で講座を開催する。2019年、地球意識のこれからの在り方をヴィジョンし統合意識研究所を開設。2019年12月20日に覚醒、人間が本質では自由であること、内的な静寂と共に「今」を生きる在り方を伝えている。京都在住。  https://shotomita.com/ https://www.facebook.com/sho.tomita.79 ●深瀬啓介 1972年、宮城県に生まれる。 幼い頃から過敏症で苦しみ、パニックを抑えるために中学から瞑想を始める。“光の存在”たちやオーラを見たり触ったりする自らの知覚にも悩み、大学では色彩の認知と再現を学ぶ。卒業後は仙台でデザインの専門学校で講師の職に就く。5年後、独立して会社を立ち上げるも倒産、離婚、親友の死と続いて人生に挫折、その頃心の癒しに興味を持ち、長く続けてきた色の研究から独自のカラーセラピーの開発を始める。2012年一般社団法人ME応用心理学研究所を立ち上げ、カラーセラピーやマインドフルネス認知行動療法の講座を各種団体や企業にて行う。  2016年、それまで公にしてこなかったオーラ視についてSNSでカミングアウトする。それが知り合いの医師たちの目にとまり、そこから積極的にオーラ(ドリーミング)を描き始める。同年6月、目覚めへと導く聖なる力「ガイド」を通してその人の魂を描く「スピリチュアル・ドリーミング(SD)」を描き、本格的にビジョナリー・アーティストとして活動を始める。また、“光の存在”や「ガイド」からのさまざまな情報を伝える講座を行っている。現在、スピリチュアル・ドリーミングの絵は900枚を超えている。  公式ウェブサイト http://www.pmcv.pw/ 問い合わせ:メールまたはFacebookメッセージにてお知らせください。 (担当 :今村) vh-imamura@star-poets.com https://www.facebook.com/hitomi.imamura.140/